特許翻訳者を目指すブログ

特許翻訳道を駆け上がれ!

学習記

知子の情報の威力

投稿日:

対訳学習をしている中で、「非共有電子対」と久々に再会。

知子の情報を調べてみた。

化学知識皆無から始めた化学の学習。

分からないことだらけで、とにかく、言葉と情報を積み重ねていった。

知子の情報の非共有電子対のカードを開いてみると。

意味不明な説明が記入されていた。

(例)Nの原子価は3、不対電子が5、
これは3つの不対電子が他の分子、原子と結合した場合、
2つの不対電子のペアができる。これが非共有電子対(共有結合に関与していないから。) 2018/1/29

原子価、不対電子、非共有電子対、最外殻電子、といろいろな要素がすっきり理解できなかったことが伺える。また、その頃の混沌とした状態と、混沌としながらも一生懸命考えたことが思い出される。

修正した。

(例)
N窒素は最外殻に5の電子
このうちに2つの電子が、非共有電子対ローンペアとなる。
残りの3つの電子は不対電子・及び原子価3(他の原子と結合する数。)
例えば、3つの不対電子の空いている部分にHの電子が結合し
NH3のアンモニアとなる。
アンモニアの状態のNのローンペアに水素カチオン(電子を持たない陽イオン)が、結合してアンモニウムNH4+となる。2018/7/16

前回、非共有電子対のカードを作ったのは1月でおよそ半年前。半年で随分成長したものだと我ながら感心した。

ビデオセミナーでも、ノートの日付をつけておく。分からないことはペンディングしておく。自分の言葉で説明してみる。など、様々なアドバイスがここに集結している。

きっと、この修正したカードも、またいつか見直したときに、修正がかかると思う。

その時に、自分の成長具合を感じることができるだろう。

ちなみに、1月に記載した内容はそのままカードに日付と共に残しておいた。知子の情報は自動で索引に日付が入るので、振り返り時に有用できる。

知子の情報に凄さを実感することが増えて、知子の情報の威力が分かってきた。

今は、思いつく分野、ジャンルに分けてファイルを作りその中にカードを作成しているが、まだまだ、使い方の応用性がある。使い方の試行錯誤も続けていこうと思う。

学習記録 7/16

0734_トライアルレビュー(A-3)
0736_トライアルレビュー(A-4)
5h50m

トライアルレビュービデオセミナーのノートまとめ
1h

フォトレジスト対訳学習
1h30m

本日の計画

フォトレジスト対訳学習

トライアルレビュービデオセミナー

-学習記

Copyright© 特許翻訳道を駆け上がれ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.