学習記

やることの可視化

投稿日:

明細書の読み込みと足らない情報を補充しながら知識の横展開をしていこうと、リストや表を作成してノートにまとめ、カレンダーにやることの書き込みなどをして目の前に貼りだしていたのですが、全体を俯瞰できておらずやることの整理ができていない。やることが膨大で気ばかり焦って、かなりカオスな状態で作業を進めていてました。

どうしたら良いかとモヤモヤしながら今週は作業をしていましたが、たどり着いたのは、講座で何度も言われているやることの可視化、ゴールからの逆算。これをもとにガントチャートとやることの候補リストを作成しコルクボードに貼りだして、見えるところに設置しました。

ガントチャートを使うといったこともビデオセミナーで何度か耳にしていたのに、今になって初めて実行しました。

作ってみて感じたのは、やるべきことの量は変わらないけれど、何を今していて、次はこれをやって、その次は何をするかということが大枠で整理できたので、目の前にことに集中でき、作業をしていることの細かいデータ化も、大枠を作ったことで進みました。

毎回毎回、気づくのは言われたことを実行してみてから。

まだまだ、改良の余地はありますが、ガントチャートを作ったことだけで満足しないで、学習と作業をどんどん進めていきます。

学習記録 8/27~8/31

EUV フォトレジストに関する明細書読み4件

エキシマレーザーに関する明細書読み1件

パターン形成・転写に関する明細書読み2件

パターン形成・転写に関する明細書対訳1件

2736_得意分野の広げ方

2735_違和感を感じろ!

校正実ジョブ

-学習記

Copyright© 特許翻訳道を駆け上がれ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.