学習記

超ヘビー級・勝利の女神降臨

投稿日:

ブログの更新が疎かになってますが、

前回の記事でも触れましたが、

ありがたいことに実ジョブを頂いて、

翻訳に明け暮れてました。

 

今回、頂いたジョブは4万ワード超えで、

かなり大量であったのと、

分野も今まで学習してきた分野とは全く異なるもので

不安な面が多かったのですが、

 

少し長めに日数を頂けたのと、

ヘビー級の女神、ここで逃すわけにはいかない!

武者震いして、飛び込みました。

(管理人さんに相談して、背中を押してもらったのも

おおきな要因ですが。)

 

結果、その分野の知識を得ることもできましたし、

なにより、そのワード数の案件を無事納品することで、

大きな自信につながりました。

 

ありがたいことに、同分野の次の案件もいただき、

本日から、その案件の作業にとりかかります。

 

その前に、1つ目のジョブの振り返りをしたので、

以下にまとめます。

 

振り返り

良かった点

  • 分野の知識を得ることができた
  • 大きな自信につながった
  • 未知分野に対する心理的ハードルを下げることができた

改善すべき点

  • 技術の知識ばかりに集中して背景知識を掘り下げ、包括的な分野の知識が整理できていない状態で翻訳作業を開始し、途中で、知識の整理をし直し、無駄な時間が多かった。
  • チェックの際に、修飾抜けが目立った。⇒一文づつの翻訳⇒確認作業にばらつきがある。

次からやること

  • 背景知識を学習した後、翻訳前に、ブログ記事を投稿するつもりで、その技術を説明する記事ファイルを作成する。
  • 一文ごとの翻訳スキームをホワイトボードに書き出して、そのスキームを癖づける。

今回で得た原理原則

  • 自分が理解していると思っていることは、説明してみないと判断できないと心得よ。
  • 1文語づつのスキームは死守するべし。納得してから次の文へうつるべし。

 

やってしまった「木を見て森を見ず」

背景知識の掘方・拡げ方は、これまでも何度も講座動画でも触れていることですし、

トライアルを通しても、毎回、課題となってきたことですが、

この作業の完成度具合が翻訳作業に大きく反映すると、実ジョブを通して痛感しました。

作業の途中で、「アカン、まとめないと無理だわ~」と、

背景知識を説明するつもりで、ワードファイルに文章を書き出そうとしたところ、

「分かってるつもりでいたけど、分かってない。」ことに気づき、

再度、整理してみたところ、何が原因だったかというと、

焦点を絞り過ぎて、全体像がはっきりしていなかった、

その技術の製品物を最終的に触れる、末端のユーザーレベルの知識が不鮮明だったのが

原因だということに気づきました。

と、またもや「木を見て森を見ず」状態であったと猛省しました。

 

心理面に焦点をあてると、実ジョブ、大型案件、未知分野の不安感から、背景知識不足で翻訳を開始してしまったのが原因です。

結果余分な検索がかえって増えてしまい、無駄な作業が多かったです。

 

この教訓を踏まえ、振り返りから得たスキームを、次の実ジョブで実践します。

 

 

と、簡単ではありますが、実ジョブの振り返り報告でした。

 

しばらく、勝利の女神様に滞在していただけるよう、

本日もこれから格闘開始いたします。

悔いのない一日を。

Free-Photos / Pixabay

-学習記

Copyright© 特許翻訳道を駆け上がれ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.