学習記

関連資料の読み込みの必要性

投稿日:

化学増幅型レジストの対訳学習中。

未知語に対して一語づつ調べ、周辺部をXmindにまとめるという作業をしてきたが、言葉に合わせて資料の一部をかいつまんでいるだけ、読んだ資料の数が少ない。これでは、集めたパーツの点を面のように広げられないなと気づく。集めた資料を言葉が散らばっている全体の物として読まなければただ言葉を暗記しているだけで応用が効かない。

いつもながら、ビデオセミナーで、関連資料の読み込みの必要性は繰り返し伝えられているのだけど、やっと、それを体感的に理解できた。

やっているつもりでも、何かが足りない。ただ、やってみなければ、その重要性を理解することができない。

今日、明日は、資料の読み込みに時間をあてて、その後、また対訳学習にとりかかることとする。

毎日、気づきばかりの日々。

本日は、ガテン系バイトの日。隙間時間を狙って学習。

ということで、本日もこれより格闘開始。

悔いのない一日を!

学習記録 7/19

校正 実ジョブ 7h20m

0735_カンマ+which(Q&A).mp4 40m

ROAM対訳学習 2h20m

本日の計画

フォトレジスト資料読み⇒まとめ

校正実ジョブ

 

-学習記

Copyright© 特許翻訳道を駆け上がれ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.